FELIPE PANTONE

MANIPULABLE

3 Jun - 17 Jul 12-7 PM

felipepantone.com

Gallery COMMON is delighted to present Argentinian-Spanish artist Felipe Pantone’s solo exhibition MANIPULABLE from June 3 to July 17, 2022. The show will feature 9 new spectacular kinetic works within a completely interactive installation space, and marks the artist’s first large-scale solo exhibition in Japan since 2014.
 
Pantone began his career as a graffiti artist at the age of twelve before going on to receive a degree in Fine Art from the University in Valencia. This combination of street experience and academic knowledge was crucial in shaping his current practice, which challenges the ways we consume visual information, particularly in our digital age.
 
Drawing inspiration from kinetic artists like Victor Vasarely and Carlos Cruz-Diez, Pantone’s works revolve around themes of dynamism, transformation, and digital revolution. The current exhibition takes these philosophies and puts them directly into practice. All of the artworks in “Manipulable” (a word which has roots in the Latin manus (hand) and refers to “something that can be moved or operated using the hands; something that can be managed, controlled, or molded”) were created to be touched and rearranged by the viewer.
 
“Nowadays, everything is manipulable– we don’t listen to the radio, we curate our own playlists; we don’t watch TV, we choose which shows to stream. The Internet has made information itself configurable."
In comparison to this manipulable world, Pantone questions why art is so one-sided.
 
“Light, motion, and color define everything I do, and adding the element of touch brings everyone closer to the work. For the first time, all of my works for an exhibition have been made to be configured by the viewer. I believe it’s very contemporary that an audience can interact with what they’re consuming, and I wanted to create artworks that can respond to today’s world of self-curation.”
 
As our understanding of interaction has changed over the past few years, Pantone has played with different approaches to overcoming barriers of communication, such as touchless ways to interact with his works via VR and remote control apps. Now, as opportunities for in-person exchanges have increased, Pantone explores the ways that touch and physical interactivity can bridge the gap between artist and audience.
 
In commemoration of the exhibition, Pantone has also released a limited edition print. “CDM32-P” takes inspiration from the production processes of Pantone’s artworks, using a UV print method on an aluminum sheet to create a print with a sleek, reflective texture that changes in the light. Measuring 70.7 x 50 centimeters, the work comes in a limited edition of only 35.
 
The print will be available exclusively through Gallery COMMON until the end of the exhibition, July 17. For inquiries, please contact contact@gallerycommon.com.
 
■PRINT DETAILS
Felipe Pantone, “CDM32-P”
MATERIAL: UV print on aluminum
SIZE: 70.7×50cm
EDITION: 35
Hand-signed and numbered by the artist

This exhibition was produced with support from the US-based creative agency and artist management firm ICNCLST.
■Artist Profile
Felipe Pantone (b. 1986, Buenos Aires, Argentina) lives and works in Valencia, Spain. A byproduct of the technological age when kids unlocked life’s mysteries through the Internet, Pantone explores how the displacement of the light spectrum impacts color and repetition, drawing references from both his graffiti career and fine art education. Using various software, he translates digital 3D simulations into physical frescoes, murals, paintings, and sculptures that have been exhibited and installed across New York, Paris, London, Rome, Tokyo, Shanghai, Hong Kong, Basel, Brussels, and more.

この度Gallery COMMONでは、スペインを拠点に活動するアーティスト、フェリペ・パントンによる個展「Manipulable」を2022年6月3日(金)から7月17日(日)まで開催いたします。インタラクティブなインスタレーション空間に新作の大型可動作品9点が展示される本展は、彼にとって2014年以来、日本では初の大規模な個展となります。
 
パントンは12歳の時にグラフィティシーンにてアーティストのキャリアをスタート。その後スペインのバレンシア大学でファインアートの学位を取得しました。そんな幼少期からのストリートでの経験、学術的知識の組み合わせから成る彼の思想は、制作テーマでもあるデジタル時代における視覚情報の消費プロセスを考察、表現する上で、極めて重要なものになります。
 
また、ヴィクトル・ヴァザルリやカルロス・クルス=ディエスのような運動芸術家からインスピレーションを受けているパントンの作品は、ダイナミズム、変革とデジタルレボリューションを軸にしており、本展は、これらの哲学を直接実践した作品発表の場でもあります。本展のタイトルとなる「Manipulable」は、ラテン語のmanus(手)を語源とし、「手を使って動かしたり操作したりできるもの、または管理、制御、成形できるもの」を指します。そして展示作品は、それに伴いすべて鑑賞者が触れ、アレンジできるよう制作されています。
 
「今は何でも自らがコントロールできる時代です。ラジオはもう聴かない、自分でプレイリストを作る。テレビはもう見ない、自分で選んだ番組をストリーミングする。インターネットによって、情報そのものが誰でも操作可能になりました。」
と本人は語ります。そんな世界に比べ、なぜアートがこんなに一方的なのかと、パントンは作品を通して疑問を投げかけます。
 
「光、動き、色彩が私の作品の特徴です。そこに『触れる』という要素を加えることで、皆が作品により近づけることができるのです。今回は初めて、全ての展示作品が鑑賞者によって完成されるよう作りました。鑑賞者が他の消費するものと同様、触れることによる作品との対話は非常に現代的だと思います。そんなセルフ・キュレーションに定義されてる現代の世界に相対した作品を作りたかったのです。」
 
パントンは、過去数年の人と人、人とシステム間でのコミュニケーションに対する世間の理解の変化をみて、VRや遠隔操作アプリを用いたタッチレスで作品に触れる方法等、アート鑑賞概念の障壁を克服する様々なアプローチで制作を励んできました。彼は人、モノ問わず対面での交流の機会が増えた現代において物理的な対話を用いた、アーティストと鑑賞者の間にあるギャップを埋める方法を探っているのです。
 
また、個展開催を記念して、パントンは限定版プリントを発表いたしました。「CDM32-P」は、パントンの作品の制作過程からインスピレーションを得て、アルミニウムシートにUVプリントという手法で、光によって変化するなめらかな反射の質感を持つプリントに仕上がっています。サイズは70.7×50cmで、35枚限定です。
 
展覧会終了の7月17日までGallery COMMONにて独占販売しております。 プリントに関するお問い合わせはcontact@gallerycommon.comまでご連絡下さい。
 
■詳細
Felipe Pantone, “CDM32-P”
MATERIAL: UV print on aluminum
SIZE: 70.7×50cm
EDITION: 35
Hand-signed and numbered by the artist

●本展は、米国のクリエイティブエージェンシー、アーティストマネージメント会社であるICNCLSTの協力のもと実現した企画になります。
■アーティストプロフィール
1986年、アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれ。スペイン・バレンシアを拠点に活動。インターネットを軸にしたテクノロジー時代を背景に、パントンはグラフィティアーティストとしてのキャリアと学術的な側面の双方から、光のスペクトルの変化をテーマにして制作を行う。これまで様々なソフトウェアを用いた3Dイメージを物理的なフレスコ画、壁画、絵画、彫刻に落とし込み作品を発表。それらはニューヨーク、パリ、ロンドン、ローマ、東京、上海、香港、バーゼル、ブリュッセルなどで展示・設置されている。